妊娠前に保険を気にした方が良い理由

良きパートナーと出会い、結婚🎊

子供がほしいなぁと思っている女性の方がいたら教えたいです

妊娠する前に保険を気にしてみて!と。

ポイントは、保険に入ってね!ではなく
気にしてみて!なのです

というのも、私は現在2歳の娘(ゆるキャラ)の母でもあります。
私は結婚した時、保険を気にした事もなかったし、なんなら保険の存在を思い出す事もなかったんですね。

そんな私も妊娠し、1度目は流産しました。
進行流産だったので、簡単な処置ですぐ帰る事が出来たけど、

稽留流産などで入院する人もいるのだそうです。

それからすぐ、また妊娠。
順調に育ってくれ、正常分娩で出産しました。

一般的に、妊娠にはリスクが付き物です。
流産、つわり、切迫流産、切迫早産、帝王切開などなど入院・手術する可能性が高いんですね。

厚生労働省のデータによると、日本の一般病院での帝王切開の割合は20%を超えてるんですね。これは30年前のおよそ3倍だそう。

もちろん、こういったリスクで入院、手術した時には高額療養費制度(一般的にはひと月80,100円+α)が使えます。詳しくはhttps://www.himawari-life.co.jp/customer/seikyu/service/

が、問題が2点。

・月をまたいだとしたら、2ヶ月分かかる
・申請しないと、制度を使えない(えっ!)

この2点はとてもやっかいです。
入院する時期なんて選べないし、入院が初めてだとすると、申請まで頭が回らない人も多いのです。
ただ、知っていれば大変役立つ制度ですよ。

そのような制度を知った上で、

例えば医療保険に入っている人だと、妊娠を想定する期間だけ、保証を厚くする事もできるのです。

※妊娠してからだと、制限がつく場合があるので、あくまで妊娠前に気にしてほしいです。

例えば、1人目を帝王切開で出産したとすると、2人目も確実に帝王切開での出産になります!

この時、1人目を産んだ後で保険に入っても、今後ら帝王切開についてだけは保険金下りないよ!という制限がついちゃいます。

予想できるリスク対しては、保障されないんですね。

という事で、妊娠前この情報を知っていたら保険を上手に使えていたのかもな、という人も多いのです。あなたの周りで、これから妊娠を考えている人がいたら是非教えてあげてください。

妊娠を考えてらっしゃる方、少し気にされるキッカケになれたら幸いです。