魔法のように家事がはかどる!ラジオ「チャポンと行こう!」を聴きながら

お悩み相談室
MARU
シンクにたまったお皿…目を背けたい!

疲れもたまっている木曜の夜。

「ようせいさん が かたづけてくれたら いいのに〜(エヘ☆)」

なんて

ちょっと疲れすぎて、そんな事を口走ったりする事もありますよね。

だけど、見つけたんです。

「家事がはかどる方法」

しかも、無料で実践できちゃうんです!

北欧、暮らしの道具店のインターネットラジオ「チャポンと行こう!」

写真は公式HPより引用

暮らしに役立つ道具や、暮らしに彩りをあたえてワクワクするような物を取り扱っているネットショップ『北欧、暮らしの道具店』さん。

「チャポンと行こう!」を聴くと、

魔法のように家事がはかどる。

MARU
なんでこんなに家事がはかどるんだろう?

と、ちょっと考えてみました。

  • リラックスできる声
  • 言葉の選び方がステキ
  • 飾らず自然体で心地良い
  • 大人の悩みにドンピシャな内容
  • 植物やカゴを愛する2人に良い影響をうける

そして、1話がだいたい30分くらいで終わる。というのも大きい。

リスナーさんの中にも、

「家事がはかどる!」

「子どもの寝かしつけに使ってる!」

という声が多く、すごく愛されているラジオだな〜と肌に感じております^^

「チャポンと行こう!」は誰がやってるどんなラジオ?

「チャポンと行こう!」は、

店長の佐藤さんと、アシスタントの ”青木ことヨシベ” さん2人のトークラジオです。

(たまにゲストや社員の方も入ってます)

2週間に1度のペースで、日曜日の夜8時に配信しています。

「明日から仕事だ…という憂鬱な気分を、チャポンとゆるめるラジオ」というコンセプトで、この日時の配信になってるんですね。

MARU
バックナンバーを毎晩きいて、毎晩チャポンと癒されてますw

「青木ことヨシベさん」って、青木さん?ヨシベさん?

店長の佐藤さんのお兄さんが、社長(青木社長)。

そのお兄さんの奥さんがヨシベさんなので、2人は親戚という間柄。

なのでヨシベさんは、ご自身を「青木ことヨシベ」と呼んでいます。

MARU
ちなみにヨシベはあだ名なのだそうです

チャポンと行こう!のトークテーマは?

チャポンと行こう!は、リスナーさん(通称チャポラーさん)からのお便りをテーマに、トークが進んでいくのですが、

  • 人生の悩み
  • 仕事の悩み
  • 子育ての悩み

が多いですね。

子育てや仕事、人生のイベント事が多い

30〜40代のリスナーさんが多く、

店長の佐藤さんやヨシベさんも40代という事もあり、

我々にはドンピシャなトーク内容となっております。

ステキな暮らしをする2人に ”いい影響”をうける

店長の佐藤さんやヨシベさんの

  • 好きなもの
  • 買ってよかったもの
  • 家事のやり方
  • 暮らしのヒント

についてのトークも、すごく「学び」になっています。

MARU
学校で「暮らし方の授業」って無いもんね

「チャポンと行こう!」個人的なベスト3

一度聴いていただければ、その魅力のトリコになる「チャポンと行こう!」。

アプリをダウンロードすれば、バックナンバーを全話聞くことができます。

一部の話は、YouTubeでも聞く事ができますよ!

私の個人的なベスト3を発表すると

1.心が疲れた時、どうやって自分を甘やかす?

大人になると、「自分で自分を甘やかす」という事がムズカシくなってきますよね。

リスナーさんからの悩みに対して、店長の佐藤さんが「大丈夫ですかね?眠れてますかね?」と、まず心配されているのに、ジワワワ〜っと来ました。

自分に対しての、日々のケアや

スペシャルなケアな方法など、

MARU
そういう甘やかし方、実践してみたい!

と思える事をたくさん受け取ることができます。

ハッとなる一言、ありますよ。

▶︎心が疲れた時、どうやってわたし自身を甘やかしますか?を聞く

2.センスを磨くとは?

センス、って永遠のテーマだな。

わたしは

MARU
センスなんか1ミリも持ち合わせてますぇん!

と思っていたのですが、この回を聴いて「センスに対する視点」がガラッと変わって、

世界がひらけたような感じがしました。

ニューゲート開いたぁ!!って感じですw

▶︎どうしたら「センスよく」なれる?のラジオを聞く

3.カゴへの愛がとまらない!

2人とも無類のカゴ好き。

わたしも雑貨屋さんでカゴを見ると、「あ、かわいいな〜」とは思うんだけど

いざ、何を入れる??と思うと、買うのをちょっと躊躇してしまってたんです。

しかも我が家に唯一あるカゴは、お蔵入り。

店長の佐藤さんのアイデアをお借りしました

店長の佐藤さんは、カゴの中に固定電話を収納しているんだとか。

(普段はなかなか鳴らない電話だそうです)

それを見て、

わたしも物置のカゴを引っ張り出し、『コード収納』として活用する事にしました。

ちなみに、雑誌の後ろに収納しています。

\ごちゃッ!/

「チャポンと行こう!」のある暮らし、のおかげで家事がはかどる

家事を楽しく終わらせたいな。という時はもちろん

ちょっと最近、こころが疲れてるな。

明日から仕事で嫌だな。

そんな私たちを取り巻く、重たい色の感情をゆっくり癒してくれる。

インターネットラジオなので、何度も何度もきく事ができるのは

良い時代に生まれたな〜。よかったな〜。と思います。

本当は、疲れたら何もせずにダラダラしたいけど、そういう訳にはいかない!

という時のおともにオススメですよ。