几帳面になりたい!几帳面な人と自分との違いを考えてみた。

几帳面になりたい 未分類



几帳面に、なりたーーーーい!!

おおざっぱな人間の、永遠のテーマ。それが「几帳面」ではないのでしょうか。

私は30うん年生きてきて、ずっと几帳面な人への憧れがありました。

同じ人間なのに、どうしてこうも違うのか?

キチンとしたつもりなのに、汚く見えるのはなぜ?

ずっと、悶々としていました。

が、最近少しずつ、少しずつでも几帳面への道が開かれた気がします。

私なりに「自分と几帳面な人との違い」を考えてみたので、ご紹介します。

几帳面な人の特徴1:集中力がバリ高い

几帳面な人を観察し続けて「ハッ!!」と思ったこと。

それは「この人、集中力めっちゃ高いじゃん!!」という事実でした。

例えば、あなたがパソコンで作業をしている時を想像してみて下さい。

  • 周りの話し声が気になる
  • 物音が気になる
  • 他の作業が気になる

今目の前でしている作業の事に、全然集中できてなかったんです。

集中力のなさを実感したのが”瞑想”

メンタリストDaiGoさんの影響ではじめた”瞑想”。

毎日5分間、目を閉じて呼吸だけに集中する。というシンプルな方法なので、いつでもどこでもする事ができます。

たった5分間。されど5分間。

呼吸だけに集中するのって、マジで難しい。

「今日スーパー行ったのに卵買い忘れた」

「あ!あのマンガの続き気になる!」

「あ!そういえば…」

おい、瞑想に集中せい!と自分ツッコミするのですが、注意力の散漫さに”うんざり”します。

それでも瞑想を続けていると、少しずつ集中力がついてきたかな。と感じるようになりました。

集中力、というよりは「集中してない自分に気づく」事が大事だったんです。



几帳面な人の特徴2:先延ばししない

几帳面な人も「面倒くさいな…」と思う事はあるみたいですが、それでも先延ばししません。

  • 「見て見ぬふり」多様
  • 「先延ばし」上等
  • 「完ぺき?なにそれ?美味しいの?」

少し前まで、こんな人間でした。

MARU
うわぁ…!

それで指摘されたら、「気づいていたのに!」と心の中で反論する。

まるで「いま勉強しようと思ってたのに!」という子供と一緒だったんです。

先延ばしするデメリットを予測する

先延ばししても、良い事なんて何1つありません。

それなのに「面倒くさいから」といった理由で先延ばししてしまう。

悶々としますよね。

その状態を改善するには、1つずつでも良いから”面倒くさい”と思った事を片付ける!という事を習慣づける。これに尽きると思います。

  • 眠たいけど、片付けておくか。
  • 面倒くさいけど、書類書いておくか。

「先延ばししたい事」の大半は

「どうせやらないといけない事」なんですよね。

未来の自分に丸投げしない為にも、いま現在の自分、がんばれ!!

未来の自分にラクさせてあげる為にも、片付く部屋の仕組みを作ることも必要です。

たくさんの物に囲まれ、汚部屋くらしだった私ですが、

今では「必要なものだけ」ミニマルに暮らしています。

片付いた部屋をキープしたいな…という方は、こちらの記事も読んでみてくださいね!

掃除機かけるの、めんどくさい…を解決するたった1つの方法【たまにでOK】

掃除機かけるの、めんどくさい…を解決するたった1つの方法【もと汚部屋の私が解説】



几帳面にはなれてないけど、生きやすくなった

『集中力がない上に先延ばしにしがち。』そんな過去の自分よりは、今の方が断然、生きやすいなと感じます。

そんなすぐに几帳面になれる訳ではないけど、少しでも理想の姿になるように変えていく。

その為にはまず”意識すること”が大事なんじゃないかな、と思っています。