【有名本から学ぶ】実践してみたい「子育て法」まとめ〜声がけ・お金編〜

【有名本から学ぶ】実践してみたい「子育て法」まとめ〜お金の教育・声がけ編〜 未分類
悩めるパンダ
子育てに正解なんてない。っていうけどYO! 不安でYO!

子育て本には頼りたくないYO!

また子どもを怒ってしまった…。

どうしてもイライラしてしまう…。

自分の子育て、間違ってないかな?

子育ては本当、闇の中を手さぐりで進むようで、不安がたくさんですよね。

とはいえ、子育て本とかには頼りたくないな

そのように思っている方も多いのではないでしょうか?

かくいう私も、3才の子育てをしていますが

『子育て本』というものは好きではなく、

出来るだけ読まないように過ごしていました。

なんだか、子供というモノをマニュアル化しているようで…

(完全なる偏見でした。)

しかしながら、実際に子育てをしていて思ったんです。

MARU
あれ…?私、”自分の親”の言葉で子育てしてない?

子どもに失敗させたくないから「こっちにしときなさい。

言うこと聞かずに失敗して「ほら〜やると思った!!

・・・あれ?これ、自分が小さい頃に言われてイヤだった事だな。

でも、当たり前ですよね。

自分が実際に目にしたものって、”自分の親の子育て”くらいなのだから。

それからというもの、私は子育てについての本や記事を探すようになったんです。

すると、

  • 知ってる人が書いてる本
  • データに基づいている子育て方法

この2点については、やっぱり安心できたというか

今までになかった価値観から子育てを見ていて、すごく新鮮でした

この記事では、わたしが個人的に

MARU
この考えや声がけは、子育てに取り入れたいな!

というものを、まとめてみました。

すぐに実践できるものや、楽しんでできるものも多いので

あなたにとっても「これは!」という考えが見つかれば嬉しいです。



実践してみたい子育て法:声がけ編

子育て法の中で、一番カンタンにできて実践しやすいのは

親から子への声がけですね。

ここでは数ある声がけの中から、日常よく使いそうな声がけをピックアップしました。

「かしこいね!」より「よく頑張ったね!」

コロンビア大学の研究によると、

子どもの頭のよさを褒めると、子どもの成績が下がる。

という結果が出ています。

例えばテストで100点をとった時、

「あなたは頭がいいね〜!かしこいね〜!」

と言いたい気持ちをグッとこらえて

「よく頑張ったね!」

という声がけをするようにした方が、子どものやる気や自己肯定感がそだつ傾向にあるそうです。

具体的な行動を褒めると尚良し

  • 10ページも問題を解いたんだね。頑張ったね!
  • ちゃんと1人で起きて服を着替えたね。頑張ったね! など

参考にした本▶︎学力の経済学 (中室牧子)

「わかるよ」

「わかるよ」という言葉の強さは、わたしも身をもって感じた事が何度もあります。

例えば、前に3才の娘が『ツバを吐く』のがブームの時があったんです。

(汚い例えで、すみません。)

初め何度かは、「もー!ツバ吐くのやめて!きちゃない!」と叱っているだけだったのですが、彼女はやめるどころか、ニコニコしながらエスカレートしました

後日、ツバを吐く娘に

「〇〇ちゃん、ツバをブーってするの、楽しいよね〜。

楽しいの、すっごい分かるよ!でもね…」

という感じで話しかけると、彼女はそれ以来、ツバをはく事をしませんでした。

楽しくてやってる。というのを1度分かってもらえた事が、彼女にとって満足できたのでしょう。

参考にした本▶︎子育ては心理学でラクになる (メンタリストDaiGo)

「どうする?」「どっちがいい?」

わたしが子どもの頃、親に「どっちがいい?」と聞かれて

「こっち」と選んでも、たいがい親の中で答えは決まっていて

「こっちより、そっちにしなさい。」と言われて育ちました。

(もちろん、親の事は大好きですよ。)

そう言われたのは、

お菓子を買う時であったり、服を選ぶときだったり…些細な事でしかなかったのですが、

今も覚えているくらい『選ばせてもらえなかった』という記憶って、強く残ってるんです。

そして無意識のうちに子どもにも、同じ事を言ってる時があるんですよね。

ここは気づいた時に、積極的に「どうする?」「どっちがいい?」と聞いて、子どもに選ばせてあげようと心がげけています。

「どっちにする?」は反抗期の子におすすめ

「夏休みの家族旅行はどこにいく?」と聞くと、「行かない」という選択肢が入り込む余地があります。しかし「北海道と沖縄どっちに行く?」と聞かれたらどちらかを選ぶしかなくなり、「行かない」は生まれません。

「どっちにする?」「どうする?」と提案され、選ぶのは自分の意志であり、主体的な行動。子どもも納得します。

子育ては心理学でラクになる (メンタリストDaiGo)より

二者択一の質問は、わたしが営業をしていた時のセールストークやアポ取りでも実際に行われていた事もあり、、効果はバツグンです。

実践してみたい子育て法:お金の教育編

わたしが子育てについての本や記事について触れてみた時、いちばんハッとさせられたのは、「お金の教育」についてでした。

まずは親である私達のマネーリテラシーを上げる

お金の教育って、学校では教えてくれないですよね。

お金の教育について知識をもらえたかった私たちは、

  • お金の稼ぎ方
  • お金の増やし方
  • 税金のカラクリ

これらについて、どうしても自ら進んで勉強していかなければなりません

これは結構、時間がかかります。

ただし、親がお金についての知識を増やして子どもに教えてあげないと、子どもも『お金の知識が乏しい人間』に育ってしまう。

今はYoutubeでもお金について楽しく学べるので、家事をしながら聞いたりするだけでも、確実にレベルアップできますよ。

次に、子どもに実践してみたい「お金にまつわる教育」

18才で100万円渡してみる

18才になったわが子に、100万円を渡してみる。

えええ!!って思いますよね。

18才といっても子どもなんだから、悪い事にお金を使うかもしれないし…

と、心配になる人もいるのではないでしょうか。

この考えは、写真家の幡野広志さんの子育て論に書かれています。

「18才で100万」の費用対効果は大きい

同じ100万という金額でも、

18才で使う100万円と、

大人になった私たちが使う100万円は、重さが違いますよね。

MARU
ちょっといい物食べたり、繰り上げ返済にするかな。

価値観は、自分がどれだけ行動し、経験したかに応じて広がる。

(中略)

10代のひと夏を使って10万円稼ぐより、100万円、ぽんと親にもらっていろんな経験をするほうが、時間もお金も生きる。

ぼくが子どものころ、ほしかった親になる(幡野広志)より

小さな子どものパパでありながら、ガンで余命宣告を受けた幡野さんのコトバは、とてもとても深い。

わたしも学生の頃は深夜までバイトして、時間を浪費してしまいました。

20代でわたしは突然の難病になり、死がよぎった時は、

「あぁ、もっといろいろ経験しとくんだったな…」

と、そればかり思った記憶があります。

時間は有限。

若くて貴重な時間を、もっとも生かす方法が『18才の100万円』なんじゃないかな。と思うんです。

KIZA
子ども手当を貯金すると、200万になるよ。
MARU
毎月8000円でも、10年で100万近くたまるよ。

↓スマホ代を節約すると、ラクに貯まります↓

【2020年】楽天モバイルの速度と値段って実際どう?夫婦で乗り換えてみた【口コミ】

【2020年】楽天モバイルの速度と値段って実際どう?夫婦で乗り換えてみた【口コミ】

子どもにビジネスさせてみる

子どもが小学生くらいになったら、実際にビジネスをさせてみるのも良いですね。

中でも佐藤ねじさんの『小1起業家 〜900円借金して、コーヒー屋を家庭内起業〜』のnoteを見たとき、これはやってみたい!と思いました。

とにかく、家庭内なのに立派なビジネスなんです、

  • 親から900円を借金し、豆を調達
  • ちゃんと美味しいコーヒーを作る
  • 利益率を考えて価格設定
  • 帳簿をつけさせる
  • 事業を拡大させる

規模は違えど、大人になって企業をしたいと考えた時、やることの流れは経験済み。になる訳です。

MARU
親も美味しいコーヒーが飲めるし、win-winだね!



これは!と思う子育て方法を実践していこう

子育て方法について書かれた本や記事を読んでみて感じたのは、

子育て本は、子どもの取扱説明書なんかじゃない。

『親としての私たち』の、思考のレシピ本なのかな。と感じました。

ちょうど、1枚のトリ肉が目の前にあったとして、

塩コショウで焼く事しか知らなかった私たちに、トマト煮や唐揚げの作り方を教えてくれるような。

こちらとしても、教えてもらえないと気づけない事…多いですよね。

偏見を持たずに、色んな子育て本を読んでみて、

私たちが「これやってみたいな」という方法に出会えたら良いですね!

MARU
ありがとうございました!

Mar.u HOMEでは使ってよかったモノや、サッと食べて健康になれる食べ物について発信しています。

KIZA
twitterでもつぶやいているので、気になった方はフォローおねがいします。
komaru
コメントくれたらうれしいな!

●こちらの記事がよく読まれています●

ベースフードの口コミと食べてみた感想【美味しくないって本当?】

ベースフードの口コミと食べてみた感想【美味しくないって本当?】

冷凍パン Pan&[パンド]のレビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ・おとりよせ】

パンド(Pan&)で幸せの朝食を。レビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【利用して5ヶ月】【実物写真あり】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【3才児に使ってみた】