UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3は美味しい!買って良かったよ【レビュー】

カプセルコーヒーメーカーって割とマシンが高いし、初めて検討する時ってめっちゃ悩みますよね。そもそも、本当に必要なんかな…?って思ったり。

私も今まで、カプセルコーヒーメーカーより自分で豆を挽いて入れた方が美味しいし効率的。カプセルコーヒーメーカーは必要ないと思っていました。

でも今は、快適すぎてハンドドリップしてた頃に戻れない…!

カプセルコーヒーメーカーにも種類がありますが、

  • unicoや無印インテリアが好き
  • 北欧デザインが好き
  • セブンイレブンのコーヒーより苦みが少ない方が好き※
  • コクや酸味も大事にしたい※

全て当てはまる人がいたら、

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3にして間違いないと思いますよ。

※味はあくまで主観です

UCCブランドの安心感や、マシンとカプセルの見た目、手入れがめちゃめちゃ簡単。そして、他社製から乗り換えた人のレビューが良かったのも購入の決め手でした。

目次

UCCのカプセルコーヒーメーカーにした理由

カプセル箱も可愛いのだ

UCCのカプセルコーヒーメーカーに決めた理由は、

  • 他社から乗り換えた人のレビューが良い
  • マシンもカプセルも見た目が良い
  • 壊れても不燃ゴミとして廃棄できる

この3点をしっかり押さえているのが、UCCのDP3だけだったんです。

他社製から乗り換えた人のレビューが良い

コーヒーメーカーを初めて買う時、他社製との比較ができないので「これで良いのか…?」と悩んでしまいます。その中でもUCCのカプセルコーヒーメーカーは、他社製から乗り換えた人のレビューが良いことが購入の大きな決めてになりました。

やっと出会えました!UCCのドリップポッドを購入する前に他社メーカーのカプセル式コーヒーを購入し、ため息そして後悔しておりました。でもUCCのカプセル式コーヒーはおいしい!ハンドドリップと同じ味!
やっと出会えたーーと感動しております。見た目もスマートでおしゃれ。キッチンに置いていても違和感なしです。そしてカプセルコーヒーだけでなく、コーヒーの粉を入れても楽しめるという優れもの。買ってよかったです!

楽天レビューより

他社のマシンからの乗り換えです。
抽出時の音がほぼ無いのが嬉しい。
もともとドリップコーヒーが好きなので圧をかけるマシンを使う意味がないな(うるさいし)と乗り換えて正解でした。
コーヒー以外にアールグレイ・ジャスミンも美味しくて、紅茶も手軽に淹れられて嬉しいです。

楽天レビューより

他社と比べて悩みましたが、本体のデザインとコーヒーフレイバーの種類で決めました。テーブルの上に置いてますが、このブラウンが馴染んでとても良い感じです。一杯入れるごとに、いい香が漂って幸せな気分になります。味もドリップコーヒーに負けないくらい美味しいです

楽天レビューより

【意外と大事】1辺30cm以内で廃棄する時も安心

買ってすぐ廃棄のこと考えるのかよ!と思う人もいるかもです(笑)

でも意外と、大きめの物を買う時って「これ廃棄する時大変そうだな…」と思うことありませんか?椅子とかトランポリンとか。粗大ゴミだと、自治体にもよるけど予約をとって、300円くらいの廃棄の券を買って、指定した日に捨てる…けっこう手間だし面倒臭い。

これまた自治体にもよるけど、1つの辺が30cm以内の家電だと「不燃ゴミ扱い」になり、だいたい2週間に1度の収集日に捨てる事ができます

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3のサイズは、たて13cm × よこ28.8cm ×高さ22.4cm

MARU
壊れたら不燃ゴミに出せるぜぃ!

サイズ感のイメージだと、缶ビールのロング缶を4つずつ、2列に並べて、その上に倒したロング缶を乗せたくらいの大きさですね。※ロング缶は約6.6 x 16.6cm

【見た目の可愛さ】unicoや無印が好きな人の心がキュンとなる

私は、美味しいコーヒーが飲みたい!という欲求と、インテリアに溶け込むデザインのコーヒーメーカーがいい!という欲求を同時に満たしてくれるコーヒーメーカーがあればいいな…と、ずっと思っていました。

店頭に並ぶコーヒーメーカーを見てみると、ちょっと斬新で、どちらかというとカッコイイものが多い。それこそワイルドな外人さんが、スーツを着こなして飲むようなデザイン…(これは偏見)

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3は、とにかく見た目が可愛い!

可愛いと言っても、おもちゃ的な可愛さではなく、unicoや無印が好きな人がキュンとなるような、シンプル可愛い安心感があります。

カプセルが入っている箱も、北欧風カラーで可愛らしい。

別のオシャレな箱に詰め替える。なんて事はしない人間なので、箱ごと置いておいても可愛いのはポイント高いです。

無印のマグカップとの相性も抜群!

UCCのカプセルコーヒー1杯あたりは安いの?比較してみた

カプセルコーヒーメーカーでコーヒーを入れると、1杯あたりが高くつくイメージがありますよね。

悩めるパンダ
そもそも、ハンドドリップは1回あたり何円なのかな〜?

そこで、

  • UCCの豆から入れる
  • UCCのドリップパック
  • UCCカプセルコーヒーメーカーDP3

を、個人的に比較して見ました。

結論から言うと、材料代だけの場合

[安い]ドリップパック→豆→カプセルコーヒーDP3[高い]

手間を時給換算して足した場合

[安い]ドリップパック→カプセルコーヒーDP3→豆[高い]でした。

そして、カプセルコーヒーメーカーは思った以上に安いことが分かりました。

UCCの豆でハンドドリップ:106円 / 1杯あたり

UCCのコーヒー豆を挽いて、ハンドドリップをした場合

コーヒー豆は360g。1杯あたり約12gだから、360g ÷ 12g = 30回分/ 1袋あたり。

1袋はスーパーで698円だから、698円 ÷ 30回分= 約23円/1回あたり

コーヒーミルする時間+ハンドドリップの時間+洗い物の時間 = 早くて約5分

私の時給1,000円だとすると、5分あたり約83円。

全部たすと、23円+83円=106円。

自分でコーヒー豆を挽いて入れると、1杯あたり106円になりました。

UCC のドリップパックコーヒー:53円/ 1杯あたり

UCCのドリップパックコーヒー「職人の珈琲」を入れた場合

1袋18個入りで、スーパーで379円。

1袋あたりは、379円÷18 = 約21円。

ハンドドリップする時間= 約2分=時給換算で33円

21円+33円=53円。

お湯をわかす時間があるけど、後片付けはないので1杯あたりは53円とします。

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3:85円/1杯あたり

UCCのカプセルコーヒーメーカーは、マシン代だけだと11,390円。

マシンの寿命は5年(1,825日)と言われているので、1日あたり6.2円。

カプセルによって値段は変わりますが、私が一番好きなモカ&キリマンジァロだと1カプセルあたり63円。

マシンの手入れは、パーツ3つを水洗いのみで1分程度なので、時給換算で16円。

全部たすと、6.2円+63円+16円=約85円

MARU
Amazon定期便だと、1カプセル6円安くなるよ!

マシン代って、長い目で見ると安いもんだね〜。

UCCのカプセルコーヒーメーカーを買って良かった

今までの私は、カプセルコーヒーメーカーより自分で豆を挽いて入れた方が美味しいし効率的。カプセルコーヒーメーカーは必要ないと思っていました。でも今は、本当に本当に、毎回ハンドドリップしてた頃に戻れない…。

しかもコーヒーミルでガーーー!って挽いてると、子供が「怖いー!」って怒る時があったんですよね(汗)逆に、旦那がミルでガーーー!してると目が覚めてイラっとしたり(笑)

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3を買ってから、静かな音で本格的なコーヒーが飲めるし、スイッチ1つでコーヒーが入るので、4歳の子供が進んでコーヒーを入れてくれます。

MARU
カプセルを開けるのも楽しいらしい(笑)

最後にもう一度、DP3を購入するべき人のポイントについてまとめると

  • unicoや無印インテリアが好き
  • 北欧デザインが好き
  • セブンイレブンのコーヒーより苦みが少ない方が好き※
  • コクや酸味も大事にしたい※

全て当てはまる人がいたら、

UCCのカプセルコーヒーメーカーDP3にして間違いないと思いますよ。

※味はあくまで主観です

UCCブランドの安心感や、マシンとカプセルの見た目、手入れがめちゃめちゃ簡単。そして、他社製から乗り換えた人のレビューが良かったのも購入の決め手でしたよ。

家で手軽に美味しいコーヒーが入る生活。最高ですよ〜^^

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる