【女性でも】iPhone8のバッテリー交換は意外とカンタンでした【自分で】

未分類
悩めるパンダ
iPhone8の電池の減り、はげしいなあ…そろそろスマホ替え時?

2020年の秋現在、まだまだ現役の相棒『iPhone8』。

でも、電池の減りがとにかく早い!!

まだ使えそうだけど、電池交換にだすのは面倒くさいし

交換代金も高いんだろうなぁ…

そう思っている人も多いのではないででしょうか?

そんな中、ツイッターで仲の良い人から

「iPhoneのバッテリー交換、自分でやったよ!」という声を聞き、

MARU
いい経験になりそうだし、自分でiPhone8のバッテリー交換してみようかなぁ!

と、かるい出来心で始めたんです。

結論からいうと、

  • 女性でも自分でバッテリー交換できた!
  • 行きは良い良い、帰りはこわい…!

(パーツ戻すのが大変でした!)

  • 2時間くらいかかりました…!

いや〜、いい経験になりました。

とはいえ、マジで自己責任なので

「最悪、あたらしいiPhoneを買うか…

前のiPhoneがまだ動くし、それを使おうかな〜。」

くらいの気持ちでいる人には、自分で電池交換するのは向いていると思います。

この記事にはこんな内容になっています。

この記事の内容
  • 自分で修理するとどれだけおトクになる?
  • 実際に交換して大変だったポイントなど

ちなみに私は、子供が遊んでるプラレールの電池交換くらいしかやっていません!

MARU
完全なる素人だよ〜。

↓やっぱり新しいiPhone買おうかな?↓



iPhone8のバッテリー交換を自分でやるメリットなど

iPhone8のバッテリー交換を自分でやってみるメリットなどについて、まとめてみました。

実際に交換してる所だけ見たい!という人は、飛ばしてくださいね。

タダでバッテリー交換してもらえる条件とは?

まず、あなたが

  • AppleCare+に加入している
  • バッテリーがフル充電で80%を切っている

この条件を2つとも満たしていれば、タダでバッテリー交換をしてもらえます。

せっかくAppleCareに加入してるんだったら、そちらを使いましょう!

MARU
ん?フルで80?
KIZA
分からなくても大丈夫。カンタンに調べる事ができるよ。

バッテリーの状態を調べる方法

設定→ バッテリー → バッテリーの状態 で、『最大容量』を見てみましょう。

ここが80%を切ると、AppleCareの対象になります。

▶︎AppleCare+に加入しているか確認してみる

MARU
対象外だった人は、もう少しお付き合いください〜。

AppleCare+が対象外の人もバッテリー交換はしてもらえますが、

iPhone8と、その前のモデル▶︎5,400円

iPhone10と、それより新しいモデル▶︎7,400円

※2020年9月時点 Appleサポートページより

そして、交換まで5〜7営業日という期間がかかってしまうんですよね。

ちなみに私のiPhone8は、バッテリー状態が88%でした。

それでも不便に思ってしまうので、80%を切ってるのって…結構シンドイのでは?と思っちゃうんですよね。

KIZA
不便に思ったら、アクションを起こし時だね。

自分で交換すると3000円ほどおトク

わたしは、楽天でバッテリー交換キットを購入しました。

Apple純正ではないですが、

電池と工具が入って、価格は2200円ほどでした。

お値段だけでいうと、3000円くらいおトクになった計算です。

どんな人が向いてる?

実際にiPhone8のバッテリー交換をして感じたのですが、こんな人はすごく向いていると思います。

  1. お祭りの「型抜き」好きな人
  2. 最悪、iPhoneがお亡くなりになってもいいや〜て人
  3. なんでも人生経験してみたい人

「型抜き」って、知らない人もいるんですかね。

↓こんなやつです。

ピンク色の硬い板のイラストを上手に切り取ったら、難易度に合わせてお金がもらえるという…。

細かい作業に集中して、強引にしないのがコツ。

iPhoneのバッテリー交換を自分でやるのと、かなり共通するスキルでしたよ!

MARU
私・ぼくも好きかも。って人は、向いてると思うよ!

それでは、iPhone8の電池交換の様子がどんなだったか、

写真付きでお伝えしますね!

iPhone8のバッテリー交換を自分でする流れ【写真付きでご紹介】

iPhone8のバッテリー交換を自分でする流れ【写真付きでご紹介】

iPhone8のバッテリー交換の1つめの難所。

それが開・封

MARU
マジで・・・ヒヤヒヤしたよ。

第1の難関、「アカン・・・」

Youtubeを見ながら、キットに入っている吸盤を使って

グイグイ引っ張っていきます。

(ずいぶんと原始的な方法だよね。)

これがね、なかなか開かないんですよ。

ほんま宮川大輔になるかと。

世界の果てまでイッテQより

苦戦したところで、「ドライヤーで温めるといい」という情報を仕入れたので、やってみる事に。

・・・すんなり開いた。笑

ちょっとスキマが出来たところに、ギターのピックのようなものを差し込むのです。

そして、このピックを

ぐる〜っと一周させると・・・

パカッ!!

MARU
開いたー♡

iPhoneの中身って、意外とシンプルなんだね。

これは自分でバッテリー交換しないと見れない、貴重な光景。

さて、古いバッテリーを取りますよ〜。

第2の難関・「恋仲の引き裂き」

バッテリーを取るのに、横のネジを外していくのですが

このへんは素人でもサクサクいけます。

※どこにどのネジがあったか、分かるようにしておく事!

次に、バッテリーについている

強力な接着剤をはがしていきます。

ヘラでカリカリ…黒いテープをはがしていきますよ〜。

指先でつまめるくらい剥がしたら、

ぐい〜〜〜〜〜っと、引っ張っていきます。

ここがなかなか難しい!!

引っぱる力が強すぎると、ブチッとちぎれて

接着剤が残ってしまい、バッテリーが取れなくなっちゃう可能性も。

MARU
一定の強さで、ねばり強く引っ張り続けるのがポイントだよ。

これが3箇所。

MARU
取れたー!!

よし、あとは新品のバッテリーをはめ込んで、おしまいです。

第3の難関・「はまらない」

もと来た道を戻るだけ。

とはよく言ったもので、部品を戻すのが「難しい」。

特に↑この螺旋状になったパーツのはめ込みだけで、20分くらいかかりました…!

しかも参考にしていたYouTubeが、

元に戻すところまで解説してくれてなかったんです。メッチャ焦りました。

でも、こちらの動画で解説してあったので、何とか元どおりに出来ましたよ^^

iPhone8のバッテリー交換を自分でして、2ヵ月経ちました

なんとかiPhoneのバッテリー交換を自分でやってみてから、2ヵ月が経ちました!

今のところ、何も問題なく動いています。

電池の持ちが「あきらかに!」良くなったので、

交換してみてよかったな〜と思っているこの頃です^^

8さんには、まだまだ活躍していただきたいですね。

MARU
ありがとうございました!

Mar.u HOMEでは実際に使ってよかったモノや、手軽に食べて健康になる「パン」について発信しています。

KIZA
twitterでもつぶやいているので、気になった方はフォローおねがいします。
komaru
コメントくれたらうれしいな!

●こちらの記事がよく読まれています●

冷凍パン Pan&[パンド]のレビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ・おとりよせ】

パンド(Pan&)で幸せの朝食を。レビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【利用して5ヶ月】【実物写真あり】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【3才児に使ってみた】