【Unico照明】初めてLEDに交換。白熱電球と比較した見た目が同じすぎて感動。

unicoの電球を白熱電球からLEDに交換してみた レンタル




悩めるパンダ
LEDは良いけど見た目がなぁ…

白熱電球は温かな色と、キラッとした感じが可愛いですよね。

そして見た目の反面、白熱電球は電気代がかかったり、すぐに切れてしまったり…悩みはつきません。

一方でLEDは長持ちするけど、高い上に見た目がちょっと不恰好…。LEDにすると電気代も安くなるのですが、我が家で見た目を気にして、ずっと白熱電球を使っていました。

ですが、白熱電球みたいなLEDを見つけたんです!

今回の記事では、こちら3点についてご紹介します。

  • 白熱電球みたいなLEDのご紹介
  • unicoの照明につけてみたらこんな感じ
  • コスト比較

我が家では照明をはじめ、家具一式は憧れだったunico(ウニコ)で揃えています。

使用している照明の種類は、こちら4種類です。

  • canyon
  • LONDONライト
  • CONFETTI
  • DOMペンダントライト(星型)

4種類のうち、canyonとLONDONライトの電球交換をしました。

unicoの電球交換にLED:おすすめLEDの紹介

unicoのLED電球交換

unicoの電球交換で使用した白熱電球みたいなLEDはこちらです。

unicoのcanyonには、このLEDが白熱電球の見た目

unicoのcanyonは、細長い木の下に小ぶりな電球が5つ並んでおり、とても可愛い照明です。

使用されている電球は、E17で25Wの電球が5つ

unicoの照明canyonの見た目をくずさないようなLEDは、アイリスオーヤマにピッタリの物があります。

1つのLED電球は約450円。5つ購入しても2250円なので、LEDにしては手頃な値段で購入できました。

先ほどの写真は、アイリスオーヤマのLED電球をつけてみた状態なのですが、白熱電球と見た目が変わらないのが分かりますか?

ぷっくり丸い感じも、求めていた電球そのものです。満足。

canyon電球を交換した時の感想

はじめは、光らせてない状態の見た目が白熱電球っぽいだけで満足していました。

しかし、光らせた時に2度3度、感動しました!

unicoの電球交換の見た目
MARU
あ、明るい!!

写真ではわかりにくいですが、ちゃんと白熱電球のようなオレンジ色のキラッとした灯りになっています。

さらに、白熱電球のように熱くない。

LEDなので寿命が長いそうですが、どれくらいで交換したのかも、追い追いこの記事でご紹介できればと思います。

unicoのLONDONライトの電球を交換

unicoのLONDONライトは、1つ電球のシンプルなペンダントライトです。

かつては様々な見た目の白熱電球をつけて楽しんでいたのですが、こちらもLEDに変える事にしました。

LONDONライトは、E26で100Wの電球に対応しています。

購入したのは、こちらもアイリスオーヤマのLED電球です。

オレンジっぽい電球色と、白っぽい昼白色から選べます。

実際に購入したのは、こちらの2個セット。個数を間違えたのですが、送料無料だったし他の電球にも使えるのでヨシとしています^^;

LONDONライト電球を交換した時の感想

アイリスオーヤマのLEDをLONDONライトにつけてみると、このような見た目になります。

unico電球をLEDに交換

ちょっと『LEDを付けてる感』がありますが、優しそうな形で可愛いので気に入りました。

電気を付けてみると、こんな感じです。

unico電球LEDに交換
MARU
あ、明るい!!

こちらも電球色なので、写真では分かりにくいですが、少しオレンジっぽい見た目です。

他の照明(CONFETTIとDOM星型)も同じE26

我が家で使用している、他のunico照明もLONDONライトと同じE26の電球が使えます。

MARU
どれもお気に入りの照明です!

こちら2つの照明は、unico以外でも購入可能なので、もし気に入ってくれた人がいた時の為にリンク貼っておきます(笑)

疲れた日には可愛い照明。癒されています^^

unico電球を白熱電球みたいなLEDに交換した時のコストは?

unico電球LEDと白熱電球のコスト比較

unico電球を白熱電球みたいなLEDに交換してみたのですが、気になるのはコストですよね。

  • 電球自体のコスト:LED>白熱電球
  • 電気代のコスト :LED<白熱電球

のイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょう?

unico電球自体のコストを比較(白熱電球とLED)

unicoの白熱電球ですが、我が家はどれも100均で購入していました。

というのも、初めて電球が切れた時にunicoへ問い合わせしたところ、「電球は取り扱っていません。電気屋さんで購入してください。」との事でした。

物にもよりますが、白熱電球の寿命は短いです。だいたい持って2、3ヶ月という所でしょうか。

白熱電球の寿命が3ヶ月として、1年間でめちゃざっくり考えると、

  • canyon(E17が5個):20個分で2000円
  • LONDONライト(E26):4個分で800円

(LONDONライトの電球は、100均で200円でした)

LEDは1年持ってくれるとして、

  • canyon(E17が5個):5個分で2250円
  • LONDONライト(E26):1個分で1500円
悩めるパンダ
以外と電球自体のコスパ変わらないのか。

10年も寿命がある?

購入したアイリスオーヤマの資料にあったのですが、LED電球は1日10時間使ったとして、約10年も寿命があるそうなのです!!

LEDって、すごいんですね。

本当に寿命が長いのか、これから楽しみです。

unico電球の電気代を比較(白熱電球とLED)

unico電球の電気代を、白熱電球とLEDで比較するの良い資料がありました。

LONDONライトと同じE26で100Wの電球を、白熱電球からLEDに交換するだけで、年間で約4808円もお得になるそうなのです。

MARU
こんなに安くなるなら早く交換すればよかった…!

1つの電球を白熱電球からLEDに変えるだけで、こんなに効果があるなんてビックリです。

我が家はcanyonライト(E17を5個)も白熱電球からLEDに変えたので、もっと電気代が抑えられますね。

来月から、電気代がどう変わるのかを見るのが楽しみです。

unico電球を白熱電球みたいなLEDに交換:まとめ

unicoの電球をLEDに交換して嬉しい

unicoの電球を白熱電球からLEDに交換して、正直めっちゃ嬉しいし、良かったです。

最後にもう一度おさらいすると、

  • 白熱電球のような見た目のLEDがある
  • 交換してみたら可愛いかった
  • LEDは白熱電球みたいに熱くない
  • LEDは白熱電球より明るい
  • LEDは白熱電球よりコスパが断然いい

白熱電球はすでに生産中止されているので、そろそろ手に入らなくなるかもですね。

白熱電球独特の、キラッとした感じをLEDでも出せる事が分かって良かったです。

我が家のように白熱電球を愛している人がいたら、白熱電球のようなLEDが出ている!という事を知ってもらえたら嬉しいです^^