キューブルで毛布を洗濯してみた感想【ドラム式洗濯機Cuble NA-VG1400】

キューブルで毛布を洗濯してみた感想【ドラム式洗濯機Cuble NA-VG1400】 未分類



ドラム式洗濯機Cuble(キューブル)で毛布を洗濯してみました。

キューブルでは簡単に、毛布を洗濯する事ができるんです。

洗濯キャップなどの付属品も必要ないので、手軽に洗濯する事ができますよ。

今回は新型キューブル(NA-VG1400)で初めて毛布を洗ってみたので、こちら3点についてレビューしますね。

  • 毛布の折りたたみ方
  • 洗濯機への入れ方
  • 洗濯してみた結果
MARU
とっても簡単だったよ!



キューブルで毛布を洗う手順1: 毛布の素材をチェックする

キューブル毛布を洗う為には、まず素材をチェックしましょう。

毛布に縫い付けてあるラベルを見ると、毛布の素材が書いてあります。

結論から言うと、『化繊100%のシングル毛布』だったら、洗濯から乾燥までボタン1つで終わらせる事ができます。

我が家で使っているのは、西川の毛布(ホワイト)です。

素材はアクリルなので、キューブルで洗濯〜乾燥までできそうです。

あなたの毛布はキューブルで洗濯できる?早見表

キューブルNA-VG1400/2400で洗濯できる毛布の素材、サイズの早見表を作ってみました。

毛布シングルダブル
化繊洗濯〜乾燥OK 洗濯キャップで可能
綿洗濯のみ×

取り扱い絵表示もチェック

次に、毛布のラベルについている『取り扱い絵表示』もチェックしましょう。

上記の絵柄がついていたら、キューブル1400/2400で洗濯できますよ。



キューブルで毛布を洗う手順2: 毛布をキューブルに入れる

キューブルあなたの毛布が洗濯できる事が分かったら、実際に洗濯していきましょう。

まずは毛布の長い方を、半分に折っていきます。

左右から真ん中にかけて、パタパタと折ります。

この状態で、キューブルまで持っていきます。

キューブルNA-VG1400に入れると、こんな感じになります。

手前のはみ出てる部分を持って、半分に折りたたむように奥側へ折っていきましょう。

これで完成です。

扉を閉めたらキューブルのスイッチを押し、『洗濯』か『洗濯・乾燥』を選んだ後で、『毛布コース』を選択します。選んだらスタートを押すだけ!

ちなみに洗濯〜乾燥まで終わらせようとすると、5時間くらいかかります。

毛布は分厚いぶん、通常の洗濯(トータル約3時間)よりも長めに乾燥してくれています。

キューブルで毛布を洗濯する前と後の違い

キューブルから取り出した毛布は、フッカフカのフワッフワで、ほんのり温かくて気持ちが良いです。

半年以上も洗濯してない毛布と比べると、厚みには違いが見られませんでした。

しかし、手で触った感じがめっちゃホワホワで気持ち良いです。

MARU
家族みんなで大興奮しました!



キューブルで毛布を手軽に洗濯しよう

キューブルの新型NA-VG1400/2400を使うと、簡単に毛布を洗濯する事ができます。

毛布は1シーズンに1回は洗った方が良いそうなのですが、クリーニングにお願いするとなると、お高くつきますよね。

特に子育て中は、子供が毛布を汚す事が多いので、手軽に洗濯できるのはありがたいです。