Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーを購入した理由【使い方も解説】【ankerとの違いは?】

モバイルバッテリー
悩めるパンダ
コスパよくて便利なモバイルバッテリーが欲しいな。

モバイルバッテリーは、見た目や機能、値段もさまざま。どれを購入したら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

家電量販店に行ってはモバイルバッテリーのコーナーに立ちすくみ、悩む。

そして結局決めきれずに帰ってしまう…という事を、私は3回くらいしました。(笑)

そんな私が今回やっと購入を決めたのが、Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーです!

Lomayaのモバイルバッテリーに決めた理由は、

Point

  • コンセント付き
  • 2台同時に充電できる
  • 電池の残量が数字で見える
  • iPhone8なら2回フル充電(6700mAh)
  • 3000円以内で手に入るコスパの良さ
MARU
求めていた機能ぜんぶ入って、しかもコンパクト!

通常のモバイルバッテリーを使っていると、

●外出先でこんな経験ありませんか?

MARU
スマホ充電ないな…あれ?モバイルバッテリーも充電ない!最悪!!

●家の中で、こんな経験ありませんか?

MARU
モバイルバッテリー充電するの面倒くさい!

私も以前までは、このような事がしょっちゅうありました。

でも、Lomayaのモバイルバッテリーはコンセント一体型なので、サッと充電する事ができ、充電忘れを解決できますよ。

この記事では、Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーを使ってみて分かった

  • メリット
  • デメリット
  • 他社製品との比較

についてお話します。ぜひ最後まで読んでみてください!

また、モバイルバッテリーが必要な場所と言えば、職場なのではないでしょうか。

仕事が忙しくても、カンタンに栄養が取れて美味しいベースフード 。

私も続けているのですが、体調をくずしにくいのはベースフードのおかげだと(勝手に)思い込んでいます。

一緒に仕事もがんばって、健康的な体を手にいれましょう^^

ベースフードの口コミと食べてみた感想【美味しくないって本当?】

ベースフードの口コミと食べてみた感想【美味しくないって本当?】



Lomayaコンセント付きモバイルバッテリー最大の特徴:コンセント一体型である事

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリー最大の特徴:コンセント一体型である事

Lomayaのモバイルバッテリーに決めた1番のポイントは、

コンセント付きである事。

過去に2台、モバイルバッテリーを購入した事があるのですが、どれも長続きせず…なぜなら、わざわざモバイルバッテリーだけを充電しないといけなかったからです。

モバイルバッテリーの充電がなくなった時、

  1. ケーブルを付けかえて充電
  2. 充電が終わったらケーブルを付け替える
  3. (たまに充電用ケーブルを見失う・探す)

これ、めっちゃ手間じゃないですか?

Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーにすると、どんなメリットがあるのかご説明します。

コンセント付きだと何がいいの?

lomayaコンセント一体型モバイルバッテリー

コンセント付きのモバイルバッテリー最大のメリットは、スマホを充電しながら、モバイルバッテリー自身も充電する事ができる点です。

そのおかげで、モバイルバッテリーはいつもフル充電の状態。

〜外出先でこんな経験ありませんか?〜

MARU
スマホ充電ないな…あれ?モバイルバッテリーも充電ない!最悪!!

一方で、コンセント付きモバイルバッテリーだと常にフル充電。このようなハプニングになることは滅多にありません。

(モバイルバッテリーを持ってくのを忘れない限り^^;)

さらに充電が完了したら自動で停電してくれるので、エコな上にスマホの過充電を防いでくれます。

そんなメリットだらけのLomayaモバイルバッテリーですが、デメリットも気になりますよね。

次に、使ってみて分かったデメリットについてご紹介します。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーのデメリットは?:コンパクトだけど厚みがある

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーのデメリットは?

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーのデメリットは、コンセント付きであるがために、少し大きめで厚みがある事です。

MARU
みんなが分かるもの…見渡したらビールしか無かった…w
Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーのデメリットはコンパクトだけど厚みがある

横から見たら、こんな感じです。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーは

  • 大きさ:約6.1 x 7.2 x 3.1 cm
  • 重さ:約169g

コンセント付きのため、少し厚みがあります。

重さでいうと、350mL缶のビールを半分残した時と同じくらいの重さです。

MARU
半分か!なら軽いなw

Anker(アンカー)と大きさが同じくらい

人気のAnker(アンカー)コンセント付きモバイルバッテリーと比較してみると、

比較表LomayaAnker
大きさ約6.1 x 7.2 x 3.1 cm約7 x 7.2 x 3.1 cm
重さ約169g約189 g

大きさと重さで比較してみると、Lomayaの方が軽くてコンパクトなのが分かります。

※他のスペック比較はこちら

さらに、もう1つ重要なポイントをお伝えしますね。



Lomayaコンセント付きモバイルバッテリー、ケーブルは別売り

Loyamaのコンセント付きモバイルバッテリーには、充電コードが付いていません

あなたの家にもある付属のケーブルでも対応できますが、私は持ち運び用に、こちらの巻き取り式コードを購入しました。

マルチタイプなので、iPhoneでもアンドロイドでも充電可能。

巻き取り式でコンパクトなので、持ち運びにもピッタリです。

マルチタイプなので、MacBookも充電できます。

lomayaモバイルバッテリーとMacbook

Type-Cもついているので、Type-Cポートに接続すればMac bookも充電できます

私はCAFELEの3in1巻き取り式充電ケーブルを愛用していますが、とても便利ですよ。

気になる方はこちらの記事も読んでみてくださいね。

iPhoneユーザーおすすめ。CAFELEの3in1巻き取り式充電ケーブルレビュー

iPhoneユーザーおすすめ。CAFELEの3in1巻き取り式充電ケーブルレビュー

ワイヤレスイヤフォンも充電できます。

私は5000円で8時間の連続再生ができるワイヤレスイヤフォン『オーディオテクニカATH-CK300BT』を愛用しています。

ATH-CK300BTもType-Cで充電できるので、iPhoneと同時に充電する事が多いです。

ワイヤレスイヤフォン比較

【ワイヤレスイヤフォン比較】あなたはどっち派?夫婦で違うワイヤレスイヤフォン愛

以上がLomayaモバイルバッテリーのデメリットになります。

次に、「コンセント付きである」以外のメリットについてお伝えしますね。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーのメリット:USBポートが2つ

Lomayaモバイルバッテリーは、USBポートが2つ付いています。
なのでiPhoneとiPadなど、2台同時に充電することができるんです。

2台持ちする人にとっては、ありがたい機能ですね。

あと個人的に気になっていたのが、

悩めるパンダ
モバイルバッテリーってUSBポート付いてないのが意外と多い?
普通のUSBポートじゃなくて、…小さくて台形の……ものが多くないですか?
MARU
micro USBな!!w
あれが嫌だったので、USBポートが付いているモバイルバッテリーが欲しいと思っていました。

※Type-Cポートも1つ付いています。

さらにもう一つ、Lomayaのモバイルバッテリーに決めたメリットがコチラです。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーは充電の残量が目で分かる

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーの特徴充電の残量が目で分かる

Loyamaのコンセント付きモバイルバッテリーは、充電の残量が何パーセントなのかを数字で見ることができます。

なので、フル充電されているのかどうか、一目で分かるんですよ。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーの魅力を知っていただけた上で、次に他社製品との比較に付いてご紹介しますね。

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーと他商品との比較

Loyamaのコンセント付きモバイルバッテリーを購入する時、本当はワイヤレス充電もできて10000mAhと大容量の、こちらを検討していました。

しかし、約7000円はちょっと高いかな?と思い、探していると、Anker(アンカー)のコンセント付きモバイルバッテリーが人気そうでした。

お値段も3000円で買えるし、見た目も大差ありません。

しかし、Lomayaのモバイルバッテリーと比較してみると

  • Anker→5000mAh
  • Lomaya→6700mAh
MARU
Lomayaの方が1700mAhも大容量!

あとは先述しましたが、電池の残量が数字で見えるのも、購入の決め手でした。

さらにLomayaは、『充電が完了すると自動停電』なのも、大きな決め手です。

できるだけスマホを長持ちさせたいので^^

もう少し手頃な値段で欲しい!ならmitasもおすすめ

もう少し手頃な値段で、コンセント付きモバイルバッテリーを購入したい方は、mitasがあります。

5000mAhですが、お値段は約2000円。LomayaやAnkerよりもお安いです。

さらに白もあるので、白好きにもオススメですよ。

コンセント付きのモバイルバッテリーは色々あるので、Lomaya以外にもあなたにピッタリの物が見つかると良いですね。

次に、Lomayaモバイルバッテリーを購入した人の口コミをご紹介します!

Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーの口コミまとめ

Lomayaコンセント付きモバイルバッテリーの口コミをまとめてみました。

コンセント付きのモバイルバッテリーの中で容量がパーセント表示出来て、
iPhone8を2回充電出来るものが欲しくてこの商品を購入しました。

テスターで試験した結果、他のモバイルバッテリーと比べてもおおむね良好な結果でした。
Aukeyの6000mAhとほぼ同じ容量です。
ケーブル付きで便利だけど、実容量が少ないTSUNEO 10000mAhの1.5倍でした。
どれくらいの容量が残っているのか、それほど正確ではないですが
パーセントで出るのは分かりやすくていいです。
カバンの中にこれがあるだけで安心感が違います

今まで購入したモバイルバッテリーは目盛りによりおおよその充電残量しかわからなかったが、これは0%〜100%まで数字で一目瞭然なのでわかりやすい。
スマホとタブレットを同時に充電でき、充電時間も早いような気がします。
この容量のモバイルバッテリーではコンパクトでさほど重くもないので外出時や宿泊旅行に重宝しています。

先程商品が届きました。
自分が想像してたよりもちょっと厚みがあり重いかな?
早々使用したいと思います。

通常のモバイルバッテリーにコンセントがついたので使い勝手が良い。またコンセント以外でもUSB Type-Cで充電できるため車で出かけるときにも便利になった。
デジタルの残量表示も細かく表示されて見やすい。
どれくらい使えるかわからないが、現状では利便性が高いモバイルバッテリーです。

個人的に使い勝手がよく愛用していたら
主人からも欲しいとリクエストされたので購入しました!

Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーの特徴:まとめ

Lomayaのコンセント付きモバイルバッテリーのポイントを、最後にもう一度おさらいしましょう!

Point

  • コンセント付き
  • 2台同時に充電できる
  • 電池の残量が数字で見える
  • 手のひらサイズでコンパクト
  • 3000円以内で手に入るコスパの良さ

今までモバイルバッテリーを挫折してしまった方、私だけではないと思います。

コンセント付きのモバイルバッテリーで外出先でも快適に充電して、

スマホライフを楽しみましょう!!

●こちらの記事がよく読まれています

冷凍パン Pan&[パンド]のレビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ・おとりよせ】

パンド(Pan&)で幸せの朝食を。レビューと口コミまとめ【冷凍パンおすすめ】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【利用して5ヶ月】【実物写真あり】

キッズラボラトリーの口コミとレビュー【3才児に使ってみた】

キューブル(Cuble)新型NA-VG1400の口コミまとめとレビュー

新型キューブル(Cuble)を8ヶ月使用してみたレビュー【メリットやデメリットを正直に口コミ】