【大人の歯列矯正6】1年が経過!矯正前との変化と、大人が歯列矯正をする意外なメリットを発見

大人の歯列矯正

34歳で「歯列矯正をしよう!」と思い立ち、

実際にワイヤーを入れてから、早い事で1年が経ちました!

↑こちらはワイヤーをはめた初日です。

歯列矯正1年後…歯並びはどう変わった?

大人の歯列矯正で1年といえば、ちょうど折り返し地点のイメージでしょうか。

(だいたい2年くらいかかるって言われてる)

矯正1年後の歯並びは、こんな感じです!

MARU
こ…これが同じ人間の歯並び!?

めっちゃ綺麗になったな〜・・・。

しかし、正面から見たときの綺麗さ

矯正してから6ヶ月くらいで手に入ることができます。

今は、抜歯した分の隙間を埋める途中。

犬歯 (とがってる歯)を、ゆっくりゆっくり奥へ移動させるのが

めっちゃ時間がかかるんです。

MARU
犬歯は根が深い分、動くのに時間がかかるんだって〜!

こうやって比べてみると、犬歯がちょっとずつ動いているし

全体的にも、より綺麗になっている!

犬歯が奥の歯にピッタリくっついたら、「他の歯、動きます。」


▶︎光と水で磨く歯ブラシを見てみる

大人が矯正することのメリット:1年が…早い!

大人が歯列矯正をするメリットで1つ思いついたのが、「1年が早い」ことです。

いや〜、30過ぎると毎日が慌ただしくて

時がたつのが異常に早い!!

って、おかんが言ってたのは本当だった…!(笑)

なので、いちど矯正歯科に通い始めれば

気がついたら歯が綺麗になってる!って感じです。

歯列矯正に踏み出せなかった理由を振り返ってみた

子供の頃に歯列矯正ができないのは、家計の問題だったり、本人が嫌がったり、というのが大きな理由だと思います。

そして、大人になっても歯列矯正ができないのは

  • 金銭的な理由
  • あきらめ、慣れ

この2つが大きいですよね。

私もやっている「前側シルバーワイヤー矯正」は一番安いけど、それでもトータル70万くらいします。

貯金を使っていいのか?自分のために70万を使っていいのか…?

最終的には、「後悔したくない!!えいやっ!」という気持ちでした(笑)

矯正に踏み出したきっかけの本

私が歯の矯正に踏み出したのは、2つのきっかけがあります。

  • 旦那がヒゲ脱毛で綺麗になった
  • 「世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか」を読んだ

アメリカでは1年あたり、歯に36,000円をかけてるけど

日本人は約6,000円しかかけていないそうです。

それに、アメリカでは親が離婚するとき、子供の歯列矯正代を請求するケースも珍しくないのだそう。

また、人は歯を見て相手を判断してしまう生き物だそう。

MARU
うう…自分も歯並び悪かったけど、言われてみると相手の歯並びもチェックしてるわ

「世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか」を読んだのは歯列矯正前だったので、かなり傷ついた記憶があります。

長い人生を考えた時、きっと「30代で歯列矯正してよかった」と思うんだろうな。



大人の歯列矯正…もう1年後が楽しみ

大人の歯列矯正は、矯正自体に2〜3年、保定期間 (歯並びを固定する期間)に2年くらいかかります。

なので、来年の今頃にはスキマも埋まり、

もしかしたらワイヤー姿から保定用のリテーナー姿になっているかもしれません。

MARU
楽しみ!

今後も、歯列矯正の経過をお伝えしていきます!

【大人の歯列矯正5】大人でも6ヶ月で歯並びが「ほぼ」揃った?【ワイヤー矯正】

【大人の歯列矯正5】大人でも6ヶ月で歯並びが「ほぼ」揃った?【ワイヤー矯正】

【大人の歯列矯正4】すごい!3ヶ月で歯並びはこんなにも変化しました。

【大人の歯列矯正3】1ヵ月が経過。歯はどれくらい動いた?【青ゴムの痛みと共に】

【大人の歯列矯正1】矯正歯科は2つ行って相談した方がいい理由