【大人の歯列矯正3】1ヵ月が経過。歯はどれくらい動いた?【青ゴムの痛みと共に】

大人の歯列矯正

34歳で「歯列矯正をしよう!」と思い立ち、

実際にワイヤーを入れてから、1ヵ月が経ちました!

↑ワイヤーを入れたばっかりの時は、こんな感じでした。

矯正歯科に通い始めたのが9月。

そして矯正のワイヤーを入れたのが11月!

MARU
長い道のりでした…

先ほどの写真をご覧のとおり、

私は「乱杭歯」、八重歯が出てガタガタな歯並びです。

この乱杭歯の原因は、

アゴの大きさ < 歯を全部ならべた長さ 

なのだそう。

例えるなら、3人がけの椅子に

普通の人なら3人並んで座ったらちょうど良いのですが、

お相撲さん3人だと窮屈ですよね…!

これが口の中で起こってるもんだから、

そら歯並びもガタガタになるよな〜って感じです。

という事で・・・

4本の歯を抜きました!!

MARU
健康な歯を抜くのは抵抗があったけど、思い切ったよ!



歯列矯正する為に4本、歯を抜きました。

そう、この抜歯があったので時間がかかったんですよ〜。

でも、「歯を抜かない歯列矯正」を推してる矯正歯科もあるのですが、

歯を抜かない→隙間ができないから、

どうしても出っ歯気味になっちゃうのだそう。

歯を抜くのはモッタイナイけど、どうせならキレイな歯並びが欲しい。

思い切りました!

MARU
ちなみに抜歯は、麻酔もあるし

時間が経ってもそんなに痛くなかったよ!

抜歯より地味に痛い・・・青ゴム

MARU
改めて写真をとると、よくこの歯並びで生きてきたな〜と絶望します。

ウワサに聞く事も多い、この「青ゴム」というヤツ。

後で矯正装置をつけるために、

奥歯にスキマが必要なんです。

そのスキマを作るために入れるのが、青ゴム

青ゴムを入れてすぐは、痛くないんです。

「なんかずっとガム噛んでるような変な感じ。」と思ってました。

青ゴム2日後・・・痛い!!食事が取れない!

青ゴムをはめて2日後・・・痛い!

ご飯が噛めない!パンはもっと噛めない!

家ならプリンとかゼリーで過ごせるのですが、

会社のお昼ご飯とかどうしよう・・・と思いましたね。

パン+コーヒーで乗り切れました

私はいつも、BASE FOODのパンを昼食に食べているのですが、

  1. 1口ちぎって口に入れる
  2. あったかいコーヒーを飲む
  3. 口の中でふやかして食べる

この方法で、青ゴム生活を乗り切りました

MARU
歯が動くために必要なプロテインもたっぷり取れるしね!



そしていよいよ矯正装置をつける事に

ところで、このワイヤー装置・・・

どうやってついているかご存知ですか??

じつは、歯の表面にボンドのような接着剤で

ブラケット(平たい器具)を乗せていくんです。

ブラケットがちゃんと引っ付いたら、

ワイヤーを通して締めるんですね〜。

MARU
実際に矯正するまで知らなかったよ!

ワイヤーを締めたら、1週間は痛い!

なんとなく予想や覚悟はできていたのですが、

歯列矯正のワイヤーを締めたら、1週間は「歯全体」が痛いです・・・!

そして口の中の異物感。サイボーグ感!

でも逆にいうと、1週間で「いろいろ、慣れる」。

人間って不思議なもので、こんなにゴチャゴチャ器具が入っているのに、慣れちゃうんですよね〜。

MARU
小学生でも矯正してるくらいだし、大人が耐えられないわけない!笑

そして

歯が痛い=歯が動いてる!証拠だと思えば、

けっこう頑張れちゃいます^^

ワイヤー矯正から1ヵ月・・・歯は動いた?

写真ではわかりにくいかもしれませんが、1ヵ月後はこんな感じ。

いちばん大きく変化があったのは、

  • 前歯が引っ込んだ
  • 前歯ヨコの歯が前に出てきた!

なんかね、明らかに噛み合わせが変わってきたんですよ!!

奥に隠れていた、シャイボーイな歯が

ちょっと前向きになってきたのが嬉しい〜!

これから2ヵ月、3ヵ月と経つと

もっと歯が動くんだろうな〜と思うと、本当楽しみです。

やっぱり30代をすぎると、見た目は衰えていくのは仕方ないのですがね。

こうやって「良い方向」へ、変化していく過程を見るのはワクワクしますね。

MARU
これからも歯列矯正の変化を報告していくね〜!

「わたしの幸せな結婚」が胸キュンすぎる。【小説イッキ読みしてしまった】